<広告>



  • 「超シンプルな悟り方」エックハルト・トール著
  • 原書 PRACTICING THE POWER OF NOW



  • 本なのに「読み方」では無く「実践方法」とあるので違和感を感じた人がいるかもしれません。


    実は、この本は原書が「PRACTCING」とあるように、「実践する」ための本になります。


    そう言う意味で、この本を読んで知識を得ても何の役にも立ちません。


    自分は、以前この本を読んだことがあるのですが、その時は何もわからずこの本を読んでしまいました


    結果、とても「いい本だった」と言う感想を持ち、エックハルト・トールのファンになりました。


    しかし、この本の本来の目的である「実践」をまったくしなかった為に、何も変わりませんでした。


    当たり前ですよね。


    この本は読む本じゃないんです。


    実践しないと「何も得ることが出来ない本」なんです。


    この本は、「読むだけ」では「何の価値も無い本」なんです。


    この本を買った人が、この本を本当に役に立たせようとしたら、


    何か「一つ」でも「実践する」必要があるんです。


    大事なので繰り返しますが、


    この本は実践(PRACTCING)の為の本なのです。


    実践して、初めて役に立つのです。


    何度も何度も繰り返して申し訳ないのですが、


    本当に「大事だ」ということがわかって欲しくて繰り返してます。


    エックハルト・トールの本は、


    大事なことを何のインパクトの無い書き方をしているので、


    大事なことも実践せずに、次に進んでしまう人がたくさんいると思います。


    以前の自分がそうでした。


    前置きが長くなり過ぎましたが、本題にはいります。


    今回読み直して見て、大事だと思うところが最初に書いてありました。


    以前は、素通りしてしまい記憶にも残っていませんでした。


    大事だと思うところを、少し引用してみます。

    ■P.17より
    自由への第一歩は、思考は「ほんとうの自分」ではない、と認識することからはじまります。


    ■P.18より
    どうすれば思考をコントロールできるのか?
     ここで、みなさんに、素晴らしいlことをお教えしましょう。わたしたちはみな、さとりのを妨げる原因である「思考の束縛」から、自分自身を解放することができるのです。
     さあ、いますぐ、最初のステップをふみ出しましょう。そのステップとは、出きるかぎり、思考の「声」に耳を傾けることです。何度もくりかえされるセリフには、特に注意を払いましょう
    ・・・
    この声を聞く時には、あれこれ批判せずに、偏りのないこころで聞いてみてください。
    批判するという行為も「思考の声」に変わりがないからです。
    ・・・

    ここでは、全部は引用しませんが、このP.18とP.19の初めだけ読んだら後は、ひたすら実践すればいいです。


    これだけです。


    この実践は、次のようになると思います。

  • 自分の思考に絶えず気づいていること。
  • 但し、その思考に対して批判はしない。
  • 批判をしないで、気づく。(上と同じですが)



  • これを始めたら、この本の後の文章は忘れてしまっていいです。


    この実践が終わったら時に、本の続きを見ましょう。


    多分、一日中こんなことが出きるような人は、ほぼいないと思います。


    出来れば、人に邪魔されない時間を、10分でも30分でも見つけて毎日続けるといいと思います。


    習慣にするには、同じ時間にできるのがいいのかもしれません。


    通勤、通学の時間でもいいのかもしれません。


    ただ、はじめたからには、続けなければ意味がないです。


    一日二日で、結果が出るなんて思わない方がいいと思います。


    期待もしないでいいです。


    ただ、


    ひたすら、


    淡々と、


    続けるだけです。


    大変だけど、続けることが大事です。


    何故なら


    これは


    「思考の癖」を変えることだからです。


    今まで、


    長い間


    繰り返し


    行っていた癖です。


    一日二日で「変わるわけ」がありません。


    でも、「あきらめない」でください。


    つづければ、「絶対」結果がでますから。


    問題は、


    「続くか」?「続かないか」?


    ここなのです。


    続けば、結果がでます。


    でも、期待はしないで、淡々と、続けてください。


    期待を持つと、


    結果が現れなかった時に


    ダメージになって返って来ますから。


    不安になったら、


    「超シンプルなさとり方」の


    P.18とP.19を


    何度も読み返してみるのもいいかもしれません。