<スポンサードリンク>



はじめに


ブームだった頃は過ぎてしまったと思いますが、今頃になってこの本を読んだので感想を書きます。

実際には読んでいなかったので想像だったのですが、ガネーシャが出てくる自己啓発本くらいにしか考えていなくて、実はあまり期待していませんでした。

だから購入する気までは起きなかったんです。

でも、アマゾンプライム会員になり、Fire HDX 8.9タブレットを購入しました。

何故かと言うと、プライム会員になると毎月1冊無料でKindle本が読めるのですが、その時の条件としてアマゾンのタブレットで無いと読めないからでした。

このサービスのお陰で、Kindleタブレットがたくさん売れていそうです(笑)

さすが、アマゾンといった感じです。

感想


最初のところを読んでいる時は、いろいろな自己啓発本を著者なりの視点から紹介しているだけで特に、目新しいことはないかなと思っていました。

なので、このブログの記事にする内容ではないかなと思っていました。


でも、読んでいて「行動重視」の話がでてきて共感ができる内容なので感想をアップすることにしました。

この本の「参考文献」を見ると38冊もの本の名前が出ています。

その傾向としては、自己啓発本ビジネス本有名人の本などが並んでいます。

この手の本を読んでいる人だったら、読んだ事がある本ばかりだと思います。

自分も半分以上の本は、既に読んだことがある本でした。


この「夢をかなえるゾウ」の本では、インドのガネーシャ神がダメなサラリーマンの前に現れ導いていくという内容になっています。

それだけでは、自分にとってなんのインパクトも無い内容だったと思います。

この本の中で、ある程度いろいろなノウハウを身につけ少し希望が出てきたサラリーマンを見たガネーシャ神が突然サラリーマンに打ち明けます。


最終的には、今までやってきたことは、全ては無駄になると・・・


そして、衝撃の事実を伝える。


今まで、ガネーシャ神が教えていたことはみなサラリーマンが持っている本の中に既に書いてあることだと・・・


つまり、以前、サラリーマンが読みその時は実践したが今は止めてしまったことだと・・・


実質、この本の価値はここからなのだと思います。

最後の、3分の1くらいの所の話なので、ここまで読む前に読むのを止めてしまう人が多いかもしれません。

だとしたら、とてももったいないと思います。


最後のところを読んで、生かせるかどうかは、本人次第ですが・・・


千代能の見方は「この世界(地球)」での経験は、本人が「何を経験したいのか?」になります。

そのために、何を実際に「行動」したのかが大事なのだと思います。


本は、読んでも何の役に立ちません。

本を読んだ後に、どう自分の行動を変えるかが重要なのだと思います。


この世界は「行動の世界」だと思います。


「行動の結果」を「体験できる世界」なのですから。



【参考記事】

「読むこと」と「体験すること」の記事
昔の自分に教えたい「超シンプルなさとり方」の実践方法

「この世界」と表現した地球について語った記事
地球-ありえない対話を可能にする貴重な世界